医療と介護のニーズに応え、地域の皆様に選ばれる身近な医療機関を目指します。

RSS

明日の医療介護を考える_40


 テーマ:終の棲家に対する考え方
2011.10.07放送分 

・・・・・    
小堀アナ  医療・介護・高齢者福祉の問題に先進的に取り組んでいらっしゃる、愛知県北名古屋市と岩倉市にあります医療法人ようてい会の先生や職員の方に毎回お越しいただいています。
今回は、ようてい会の中川理事長にお話をうかがいます。
     
中川理事長 こんにちは。
     
小堀アナ 今日のテーマは「超高齢化社会がもたらす問題点」ということですが、高齢化が急激に進んでいるんですよね?
     
中川理事長 今から30年ほど前は「65歳以上の高齢者」と「小学校に入学する前の子供」の数はほぼ同数でした。現在は「75歳以上の高齢者」が「小学校に入学する前の子供」の2倍以上います。さらに、ここ2~3年のうちに、「介護が必要な高齢者」だけで「小学校に入学する前の子供」の数を上回ると予測されています。
     
小堀アナ 介護が必要な人のほうが、小学校に入る前の子供より多いんですか…
急激に高齢者の方の割合が増えているんですね。以前、お話しいただきましたが、今はお年寄りだけで生活している人が多いそうですね?
     
中川理事長 現在、1000万人以上の方がお年寄りだけで生活しています。高齢者の増加もありますが、実は、「高齢者の意識の変化」も理由のひとつです。
     
小堀アナ お年寄りの考え方が変わったということですか?
     
中川理事長 高齢者の意識調査によると、1980年には、子供世帯といつも一緒に生活できるのがよいという回答が60%あったのに対して、最近の調査では、35%まで減少しました。逆に、時々会って食事や会話をするのがいいと回答された方が45%となり、逆転しています。
   
小堀アナ 今は、同居だけにこだわらないということですね?
   
中川理事長 生活習慣が違う高齢者と子供たちが一緒に生活することは、時に問題を生じます。
特にお嫁さんの負担は大きいものがあります。近くに親の住宅を借りて、少し距離を置いた状態で生活をされる方が増えてきています。
     
小堀アナ 介護保険に対する考え方も変わってきているんですね?
     
中川理事長 そうです。平成12年に介護保険制度が始まってすぐに、ようてい会ではデイサービスを作りましたが、当初は家族の方が世間体を気にしてしまい、利用することが少なかったんです。特別養護老人ホームに入所させたら「親を捨てた」と陰口をたたかれた、ということもありました。しかし、11年たった今は、そのように言われることは少なくなってきました。
     
小堀アナ 健康な方も介護が必要な方も、色々な不安を抱きながら生活しているのが現実なんですね。
     
中川理事長 介護保険は介護が必要な高齢者の方のためのものです。自立した高齢者や、まだ介護が必要とまでは言えない虚弱な高齢者に対しては、安心してもらえる制度とは言い切れません。超高齢化が進んでいる中で、健康な方でも、将来に対する不安はいっぱいあります。それらを相談したり、援助するためのシステムはまだ出来上がっていません。
     
小堀アナ 高齢者のお世話をしてくれる人と言えば「ケアマネージャー」さんがいますが、ケアマネさんは、介護が必要な方を対象に支援をするんでしたね。そうすると、健康な高齢者の方は、どこに相談すればよいのですか? 
     
中川理事長 親身になって相談にのってくれるところは少ないですね。
今回、我々が考える「サービス付き高齢者向け住宅」は、生活相談者がサービスに組み込まれています。自立した高齢者の不安を取り除く要素のひとつと考えます。
     
小堀アナ 次回は、今お話に出ました「サービス付き高齢者向け住宅」など「終の棲家」について、引き続き中川理事長にお話をうかがいます。
中川理事長、今日はありがとうございました。
     
中川理事長 ありがとうございました。  ▲Topへ
2013-02-24 00:12:00

明日の医療介護を考える_41


 テーマ:終の棲家に対する考え方
2011.10.14放送分 

・・・・・    
小堀アナ  医療・介護・高齢者福祉の問題に先進的に取り組んでいらっしゃる、愛知県北名古屋市と岩倉市にあります医療法人ようてい会の先生や職員の方に毎回お越しいただいています。
今回は、ようてい会の中川理事長にお話をうかがいます。
     
中川理事長 こんにちは。
     
小堀アナ 今日のテーマは「終の棲家に対する考え方」ということですが。
まず、今後、高齢者の生活スタイルはどう変わっていくのでしょうか?
     
中川理事長   今後は段階の世代をはじめ、戦後生まれの方が高齢者世代に加わってきます。
セカンドライフを積極的に楽しもうという志向がより顕著になり、高齢者の嗜好やライフスタイルが劇的に変化してくると予想します。
そのために、それらの方が健康管理や健康増進をするための医療機関や、ライフスタイルにあった住宅が必要だと考えます。
     
小堀アナ  ようてい会は医療法人として、終の棲家についてどう考えていますか?
   
中川理事長  医療保険料や介護保険料の負担が増大する中で、厚生労働省は在宅での医療や介護を進めるようになってきています。入院費を抑える、施設介護負担を減らすということは、以前から求められていることです。
     
小堀アナ さて、そこで。医療法人であるようてい会が計画している高齢者向けの住宅ですが、どんな計画なんですか?
     
中川理事長 医療介護施設が併設され、自分の意思のもと、ホテルのように快適に過ごしていただける高齢者専用の住宅です。
   
小堀アナ 医療介護施設といいますと、具体的にはどんな施設ですか?
   
中川理事長 同じ住宅内にクリニックがあれば、エレベーターに乗るだけで、すぐにクリニックに行くことができます。診察の順番がくれば自宅に電話がかかるようにすれば、待合室で待つことなく診察を受けられます。
また、人間ドックを受けたり、インフルエンザ等の予防接種などの健康増進も気軽に受けられます。
将来、たとえば末期ガンになられても、入院することなく、自室で往診や訪問看護で治療することも可能です。
     
小堀アナ 良いことづくめですね。介護が必要になった時はどうすればよいのですか?
     
中川理事長 介護が必要になった場合は、住宅に併設された居宅介護支援事業所やデイケアを利用することにより、介護相談や機能訓練、栄養管理等もすることができます。
     
小堀アナ 備えは万全、といった印象を受けますね。
ただ、これから団塊の世代が高齢者の仲間入りをし始めますから、個性の強いお年寄りが増えて、たいへんじゃないですか?
     
中川理事長 我々の創る住宅では、メニューをたくさん用意することによって、それぞれの入居者のニーズに見合った生活サービスを提供することができます。
話を聞いてもらいたいという人には、了解のもと、部屋に入ってお話をさせてもらいます。
放っておいてほしい方には声をかけたりせず、人感センサー等で安否確認をさせてもらいます。
     
小堀アナ 時代に合わせた住宅なんですね。  
     
中川理事長 これからの時代、安心して過ごしていただくためには、医療介護が充実した住まいが必要となります。医療法人が真剣に考えれば、そのような住宅を作る事は可能です。
自分の家族や大切な人が入居するために必要なものは何かを考えれば、答えが見えてくるはずです。
     
小堀アナ 今回はようてい会が作られるクリニックが併設された高齢者向けの住宅について。 
北名古屋市に予定されているのが、「るるどの風 北名古屋」
守山区四軒家に予定されているのが「ロイヤルレジデンス・るるどの風 藤が丘」
その計画についてお話をうかがいました。
今年1月からお送りしてきましたこのコーナーですが、次回が最終回となります。
次回は「医療法人ようてい会ができる、これからの社会貢献」について、中川理事長にお話をうかがいます。
中川理事長、今日はありがとうございました。
     
中川理事長  ありがとうございました。 ▲Topへ
2013-02-24 00:10:00

明日の医療介護を考える_42


 テーマ:どうして今、住宅が必要なのか
2011.10.21放送分 

・・・・・    
小堀アナ  医療・介護・高齢者福祉の問題に先進的に取り組んでいらっしゃる、愛知県北名古屋市と岩倉市にあります医療法人ようてい会の先生や職員の方に毎回お越しいただいています。
今回は、ようてい会の中川理事長にお話をうかがいます。
     
中川理事長 こんにちは。
     
小堀アナ 今日のテーマは「どうして今、住宅が必要なのか」ということですが。
まず、高齢者の住まいには、どんな種類があるのですか?
     
中川理事長  介護度が高い方は介護3施設と呼ばれる
「特別養護老人ホーム(特養)」「介護老人保健施設(老健)」「療養型医療施設」
を中心とした施設に入所できます。
また金銭面に余裕があれば、有料老人ホームに入所することが可能です。
   
小堀アナ 国はどのような政策を進めているのですか?
   
中川理事長 医療保険料や介護保険料の負担が増大する中で、厚生労働省は在宅での医療や介護を進めるようになってきています。入院費を抑える、施設介護負担を減らすということは、以前から求められていることです。
     
   
小堀アナ さて、そこで。医療法人であるようてい会が計画している高齢者向けの住宅ですが、どんな計画なんですか?
     
中川理事長 医療介護施設が併設され、自分の意思のもと、ホテルのように快適に過ごしていただける高齢者専用の住宅です。
   
小堀アナ 医療介護施設といいますと、具体的にはどんな施設ですか?
   
中川理事長 同じ住宅内にクリニックがあれば、エレベーターに乗るだけで、すぐにクリニックに行くことができます。診察の順番がくれば自宅に電話がかかるようにすれば、待合室で待つことなく診察を受けられます。
また、人間ドックを受けたり、インフルエンザ等の予防接種などの健康増進も気軽に受けられます。
将来、たとえば末期ガンになられても、入院することなく、自室で往診や訪問看護で治療することも可能です。
     
小堀アナ 良いことづくめですね。介護が必要になった時はどうすればよいのですか?
     
中川理事長 介護が必要になった場合は、住宅に併設された居宅介護支援事業所やデイケアを利用することにより、介護相談や機能訓練、栄養管理等もすることができます。
     
小堀アナ 備えは万全、といった印象を受けますね。
ただ、これから団塊の世代が高齢者の仲間入りをし始めますから、個性の強いお年寄りが増えて、たいへんじゃないですか?
     
中川理事長 我々の創る住宅では、メニューをたくさん用意することによって、それぞれの入居者のニーズに見合った生活サービスを提供することができます。
話を聞いてもらいたいという人には、了解のもと、部屋に入ってお話をさせてもらいます。
放っておいてほしい方には声をかけたりせず、人感センサー等で安否確認をさせてもらいます。
     
小堀アナ 時代に合わせた住宅なんですね。  
     
中川理事長 これからの時代、安心して過ごしていただくためには、医療介護が充実した住まいが必要となります。医療法人が真剣に考えれば、そのような住宅を作る事は可能です。
自分の家族や大切な人が入居するために必要なものは何かを考えれば、答えが見えてくるはずです。
     
小堀アナ 今回はようてい会が作られるクリニックが併設された高齢者向けの住宅について。 
北名古屋市に予定されているのが、「るるどの風 北名古屋」
守山区四軒家に予定されているのが「ロイヤルレジデンス・るるどの風 藤が丘」
その計画についてお話をうかがいました。
今年1月からお送りしてきましたこのコーナーですが、次回が最終回となります。
次回は「医療法人ようてい会ができる、これからの社会貢献」について、中川理事長にお話をうかがいます。
中川理事長、今日はありがとうございました。
     
中川理事長  ありがとうございました。 ▲Topへ
2013-02-24 00:05:00

明日の医療介護を考える_43


 テーマ:ようてい会ができる今後の社会貢献
2011.10.28放送分 

・・・・・    
小堀アナ 「明日の医療・介護を考える」
このコーナーでは、これから先、誰もが避けて通れない「高齢者社会の問題や医療、介護、住まい」についてリスナーの皆さんと一緒に考えていきます。
医療・介護・高齢者福祉の問題に先進的に取り組んでいらっしゃる、愛知県北名古屋市と岩倉市にあります医療法人ようてい会の先生や職員の方に毎回お越しいただいています。 
今回は、ようてい会の中川理事長にお話をうかがいます。
     
中川理事長 こんにちは。
   
小堀アナ 今年1月からお送りしてきましたこのコーナーですが、今回で最終回となりました。そこで「ようてい会ができる今度の社会貢献」と題して、これまでを総括しながら、今後、ようてい会が医療法人として、社会とどうかかわっていくかをお話しいただきます。 
  このコーナーが始まってから、理事長が度々、口にされる言葉に「尊厳」があります。
「人間には安らかに死ぬ権利がある」というお話はショッキングでした。 
     
中川理事長 健康である私たちにも平等に「終末期」はやってきます。
自分の最後の生き方は、誰からも強制されるのではなく、自己決定権の思想に基づく自らの選択が重視されるべきなのです。これは人権の尊重にもつながることなのです。
     
小堀アナ 過剰な延命治療などを拒否できる「リビングウィル」、尊厳死の宣誓書をようてい会でも記入できることも教えていただきました。
さらに介護についても色々お話し頂きました。「介護難民」というお話は深刻でした。
     
中川理事長 家庭での介護には限界があります。ひとりで悩まず相談することが大切なのです。
ただ、介護施設は満室のところが多く、空きが出るのを待っている人が大勢いるのが現実です。
     
小堀アナ さて。そこで、医療法人であるようてい会が高齢者向けの住宅の建設を計画されているんですよね?
     
中川理事長 この住宅が、介護3施設よりも充実したものにしたいと考えています。
平成24年12月に北名古屋市西之保地区に。
平成25年3月に名古屋市守山区四軒家に。
医療介護施設が併設されたサービス付き高齢者向け住宅の計画が進行しています。
     
小堀アナ こうしてお話を聞いていると、「お医者さん」と「住宅」というのは、実は密接な関係があるんですね?
     
中川理事長 今までは、病気を治す、介護を提供するということが医療法人の主たる使命でした。
今後は、それに加えて、いかに健康に安心していつまでも生活していただくことができるかということが大切になってきます。そのために、人間ドック等を含む健康増進の働きかけや予防接種等の予防医療も重要になってきます。
クリニックは大病院と異なって、近隣地域住民の方を大切にする医療機関です。
ようてい会は医療法人として、高齢者の方の利便性がよく、なおかつ、安心して過ごしていただける、クリニック等が併設された高齢者向けの住まいの提供を積極的に勧めていきたいと思っています。
   
小堀アナ 私自身、お医者さんは病気を治すだけが仕事だと思っていました。しかし理事長のお話をうかがっていると、終末期まで人生そのものをあたたかく見守ってくれている印象を受けました。
   
中川理事長 人間は「死」というものを避けるわけにはいきません。しかし、最期の時に、「自分はいい人生だった」と言えるような人生を過ごしていただく手助けをすることが、ようてい会の使命だと考えています。
     
小堀アナ 今年1月からお送りしてきましたこのコーナーですが、今回が最終回となります。
今後もこの番組では医療や介護について考えていきたいと思います。
また、先ほどお話に出ました、ようてい会が計画するサービス付き高齢者向け住宅についてもっと知りたいという方は、ようてい会、0587-66-6655へお問合せください。
ようてい会さんにも、またお話をうかがうことがあると思いますので、よろしくお願いいたします。
今日はありがとうございました。
     
中川理事長 ありがとうございました。  ▲Topへ
2013-02-24 00:00:00

明日の高齢者向け住宅


 
   
 私の信念が詰まった住宅です
 
       ~これからの高齢者が必要とする地域包括ケア~
 
   医療法人羊蹄会 理事長
   中川  浩

誰もが避けて通ることができない、高齢社会の問題。
団塊の世代が還暦を迎え、高齢者の生活に対する要求も多様化し、住まいにも個性を尊重する必要性が出てきました。
そこで、私たち医療法人ようてい会は、時代の流れや社会変化に対応でき、高齢者が必要とするもの(地域包括ケア)をご提供すべく、全力で取り組んでまいりました。

その一環として、医療活動はもちろん、中部日本放送のラジオ番組内での問題提起、さらに独自のアンケート調査を実施して皆様のお声を多数お聞きし、高齢者にとって住みやすい住宅づくりこそが重要であるという結論に達しました。
私たちに課せられた課題、それは、地域の皆様に「豊かな老後をお約束できる住まいをご提供する」ということだったのです。 
  
従来のホームや施設では、画一化したサービスの提供のみに留まっていたと思います。
ようてい会では、サービス付き高齢者向け住宅の新しい理念を取り入れ、
 ・ご入居者様の人間性を尊重し、自分らしく過ごしていただける空間。
 ・24時間365日の安心・安全を確保しプライバシーや尊厳に配慮。
 ・コンシェルジュサービスや上乗せサービスを充実させた快適な住まい。
 ・明日を楽しみにできる住まい。
をご提供します。

自分の身体のことをよく知っている「かかりつけ医」がいても、高度医療を受診するために大病院へ出向かなければならない-そんなジレンマを感じたことはありませんか?
ようてい会では、消化器内科・循環器内科・脳神経外科・呼吸器内科・糖尿病内科・内分泌内科・膠原病・アレルギー・リウマチ等の専門医が勤務し、各々の専門性を発揮しつつ、チーム一丸となって協調しながら診療を進めています。また、最新の医療機器を導入し、微小病変の早期発見、早期指導、早期治療に尽力しています。
そのようなクリニックを併設した住宅ですので、かかりつけ医による手厚い医療が可能となります。このほか、居宅介護支援事業所や通所リハビリ施設も併設し、万全の体制を整えております。

このように、「医療・介護・介護予防・生活援助・住まい」を一体化する地域包括ケアの一員となり、生活をより充実したものとなるべく、お力添えができれば幸いです。

高齢者向け住宅のページへ。

介護付き高齢者向け住宅
 
るるどの風 西春

サービス付き高齢者向け住宅
 ロイヤルレジデンス
  るるどの風 藤が丘
   ▲Topへ
2013-02-01 00:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

羊蹄会 コンシェルジュ

  • 明日の医療介護を考える
  • 医療施設のご案内
  • クリニック担当医一覧
  • 健診・人間ドックのご案内
  • 予防ワクチンのご案内
  • 介護施設のご案内
  • 羊蹄会行事カレンダー
  • アンチエイジングのご案内
  • 求人案内
  • ようてい会だより
  • ご利用料金のご案内
  • メールフォーム
  • 個人情報の取扱について